· 

新しき古武術の世界

古武術とは何か。はっきりとした定義はないですが、明治維新以前に成立した武術流派を指す事が一般的です。

歴史ある伝統武道の流派を古武道と称し、明治以後の武術は現代武道と区別しているようです。

現在、日本の主流といえる武術の剣道、柔道、空手、合気道、少林寺拳法などは現代武道の枠組みに含まれます。

伝統や格式を綿々と守ってきた伝統武道を古武術と認識して間違いではありませんが、広義に捉えて考えると一つの特長性が挙げられると思います。それは

 

「東洋的身体観による修行論と精神性の重視」ということです。

 

勝負を競うものでなく、あくまでも自己修養の道として歩むべき姿が古武術のあり方といえます。

 

現在、古武術スタイルと呼ばれる伝統ではない、新しい流派もあちこち生まれてきています。当塾もその一つであります。東洋的な鍛錬方法、身体操作など今の時代から埋もれていきそうな身体技術を後世に伝えていきたいと考えている新古武術流派といえるでしょう。

 

現代の古武術として新しい世界観をもって、武道界の一翼をになっていけたらと考えています。

 

【温故知新】

 

古きをたずねて新しきを知る。武術も常に進化し続けるものであるならば、伝統武道も現代武道も目指すところは同じはずです。

 

まだまだ武術の可能性は大きく秘められていると思っています。